< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年07月22日

あなたの言葉が、廻りに大きな花を咲かせます

ロナルド・レーガン
 第40代アメリカ大統領 あまりにも有名です
 役者から大統領になった稀有な偉大な人ですね
 政治力もあり、思うにアメリカはもとより世界中から愛された大統領であ
ったような気がします

新聞記事で見たことですが、質問する記者も厳しい質問を出しながらもどこかで尊敬の姿勢を持っていたとありました
   (ブッシュ時代は尊敬という目線はなかったらしいですが・・)
 

就任後の晩餐会でのスピーチで、ある話を紹介しています

一人の信心深い男が天国に召されるときに目をつむり、人生を振り返ったときに砂浜に2つの足跡が見え一つは自分の足跡で、一つは神様の足跡であることが分かりました
ところが自分が本当に苦しいとき足跡は二つではなく一つしかないことに気がつきます。彼は神様に「どうして私が本当に苦しいときにそばにいてくれなかったのですか」と問いかけました

神様は答えます
「私のかわいい息子よ、私がお前を見放すはずがない。時々途切れているほうの足跡は私のではなくお前の足跡なのだよ。お前が悲しみで打ちひしがれているとき、苦しくて生きる気力がないとき、私はお前を背負って歩いていたのだ」

男の頬を涙が流れ、安らかに天に召されました


なぜ大事な就任の時に、このような話をだしたのか
大きな意味があると思います

国家と個人はいつも必ず繋がっています
個人であるあなたをいつも見ています、見守っています
もしあなたが本当に苦しいときには、私(国)が支えます
そしてあなた個人が、国を支えて下さい
国として頑張ります、個人としてもがんばってください 
私たちはいつも一緒です
というメーセージではないでしょうか  

指導者(経営者・管理者・リーダー・・・)の言葉は、とても重いですね
もちろん個人も

人の思いを変えるのには理屈も大事ですが、心を動かすことが必要ですね

言葉は  言の葉です 言葉の葉っぱです 
       言葉で自分と廻りに、大きな花を咲かせましょう


27日・29日と、お話をさせていただきます
ご依頼を頂いた方・ご出席される方に感謝です
お時間がある方(ない方も)は、ぜひご参加下さい


7月27日(月)  18時30分~20時30分
        大阪市立生涯学習センター第4研修室
        大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
        内容 新規開拓研修

        第一回 営業道場公開セミナーのご案内

7月29日(水)  明石市生涯学習センター7階 学習室1A
        明石市東仲ノ町6-1(アスピア明石北館)
        JR明石駅・山陽電車明石駅より徒歩3分  
        内容 心を掴む挨拶とは
           18:45~19:00 受付・名刺交換
           19:00~20:30 実践道場
           20:30~20:45 連絡事項・情報交換


詳しくは営業道場 http://www.eigyo-do.com/ の公開セミナーで




Posted by 尾上 正 at 09:20│Comments(8)
この記事へのコメント
薬屋さんでしょ。。。
漢方薬のいいとところ、どんなときにどんなものを飲めばいいかを教えてよ。
綺麗ごとは誰でも書けるー>漢方のことは尾上っちしか書けない!!!よ。
Posted by 赤瀬和子 at 2009年07月22日 19:39
スイマセン・・・心がキレイなもので・・・
ついキレイなことばかり言ってしまいます・・・

リクエスト?にお答えして、次回は薬のことを取り上げてみますね
Posted by 尾上 正 at 2009年07月23日 05:32
牧野眞一です。お世話になります。

勉強になるお話、ありがとうございます。

組織と個人、相対する者同士が‘同志’になるには、お互いの理解や尊重が必要になろうかと、思います。

レーガン氏は、場にそぐわない話を敢えて執りあげて、国民の理解を求めたのですね。

私達の民間会社も、相互理解・相互扶助が不可欠かと考えます。

会社によってそれぞれですが、実績が急降下した人間に、態度を急変させてしまう組織も、少なくないと思います。

集団と個が繋がる絆、じっくり考えさせて頂きました。

明日、楽しみにしております。宜しくお願い致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月26日 16:10
牧野さん、ありがとうございます

明日、頑張りますよ

明日の私の前に、二つのくじがあります

一つは、勉強
一つは、経験

全ては勉強・経験

明日私の勝負をかけた姿を見てください
Posted by 尾上 正 at 2009年07月26日 21:39
スピーチ難しいです。さらに人の心を動かすとなると‥。
僕のモットーは、人に対して常に誠実であることです。言葉で上手く表現できない部分を行動で示すようにしています(それが伝わっているかどうかは微妙ですが)。

このブログは僕が知っている尾上さんとは別人みたいでとっても面白いですよ。
Posted by 石井尚吾 at 2009年07月27日 11:29
このブログは僕が知っている尾上さんとは別人みたいでとっても面白いですよ。

・・・石井さんが知っている私が本当の私です、ホントに

心を動かすスピーチ 理屈ではないと考えていたます。理屈とは例えば「損か徳か」

それは人の行動を動かすことはできても、「心」を動かすことはできません

「常に誠実」 私の知っている石井さんです

この部分を絶対にぶれないようにすることが
一番大事なことでしょうね
Posted by 尾上 正 at 2009年07月28日 23:12
こんばんは
・・・心を動かす・・・言葉・・・
心に沁みます。
私はいつも、こころで話を聞きたい!
心で話したいと思っています。
それは本音です。
うわべで話していると必ず分かるものです。
心で話がしたいです。
ありがとうございました。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年07月28日 23:14
佐伯さん、ありがとうございます

  心で話がしたいです。・・

いつも心で話されていますよ
そう感じます

私は繕っていても、あの人いやだ・・という気持ちは自然と「伝わる」ものだと思っています

“心で聞いてほしい”と思うなら、こちらが心が話しかけるのは大前提です
Posted by 尾上 正 at 2009年07月29日 05:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。