< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年07月15日

新規開拓は、右脳をまわせ!!

私は典型的な左脳人間です。人との会話・出来事はよく覚えているのですが(ビールを飲むとまるっきり覚えていません。いつも仲良くさせて頂いているAさんほどではないつもりなんですが・・・Aさん、ごめんね(^.^)
人の顔(イメージ)を覚えるのは苦手です

新規開拓はこのイメージ「右脳」を廻す事がとても大事です

姫路MINIに勤める、関西きっての営業レディーNさんがお話されていたことで、車を売っているのではなく「私たちは夢を売っている」を、よく覚えています

今はエコカー全盛ですが車を買うことでガソリン代・経費・維持費・・・はいくらかかるかは、左脳です  判断・計算・利害・特か損か・・
そういう意味では日本でもアメリカと同じように車が道具になったのかもしれませんが・・

子供とどこに行こうか、これから両親と一緒に食事に一台で行けるな、キャンプに行きたいな・・は、楽しさ・イメージ・右脳です

カメラを買うときにカメラを欲しい人はいません。そのカメラから得られる大切な思い出・時間・永遠に残る一瞬を欲しくて、カメラを買うのです
お客様の右脳に働きかけようなトークで、興味をもってもらう・良さそうと思ってもらう(右脳が回転すると素直に受け止めてもらえます) 
        直感的 興味 親しみ 関心・感動(感情)
論理的「左脳」   冷静に判断 → 心が動かない 
    
この「今」から、商品・サービスを選ぶことによって得られる今と違う「メリット」を、上手に「イメージ」させることで、スムーズに話が進みやすくなります。もちろん絶対に嘘があってはいけません

分かりにくい話ですが
話をするときには、お客さまの頭の中にスクリーンがあるとイメージして、こちらがイメージしていることを映像としてそのスクリーンに浮かぶように話しかけ、お客さまのイメージとこちらのイメージが同じになるように話をします
  (体験・経験でそう思うのですが自分で言ってて、よー説明できませ   んね スンマセン・・・)



7月11日から20日までの「日本営業道連盟BLOGラーニング」で
新規開拓を取り上げさせていただきました

コメントを入れていただく方は、それぞれの分野のエキスパートの方ばかりです
新規開拓はどうしたら? と考えておられる方は、ぜひアクセスしてみてください
本当にすごいコメントが、宝石箱のように、あふれていますよ

 http://blog.livedoor.jp/eigyo_dojyo/

 よかったら、コメントも入れてくださいね





Posted by 尾上 正 at 08:45│Comments(6)
この記事へのコメント
私も”左脳派”です。
ついつい説明になってしまいます。

理解してもらうのではなく、「心が動く」プレゼンを心がけます。

また、7月29日(水)の明石営業道場では、熱いお話を期待しております。宜しくお願いいたします。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年07月15日 10:12
現在世の中で販売されている商品はどれをとっても高性能で、素人目に見ればほとんど差が無いように見えます。

そんな時の判断を上手に教えてもらえると助かります。

電気屋などに行っても上手な店員さんは僕がその製品をどのように使用するかを質問してきます。余計な説明は一切無いです。

個人的には一生懸命説明してくれる人も好ましいですけどね。
Posted by 石井尚吾 at 2009年07月16日 10:42
伊集院様

映画を見て涙を流すのは感動・感情だと思っています。理屈を超えて自分を燃やすには感情だと思います

昨日“ベンジャミン”という映画を見て
ピアノを教えてもらう場面で、上手に弾くんじゃないよ・・が、自分にグッサリきました

上手にはキレイですが、それだけでは伝わらないと思います

明石営業道場 上手にではなくハートで頑張ります
Posted by 尾上 正 at 2009年07月16日 22:26
石井さん、コメントをいつもありがとう
   ホントはとっても楽しみにしています

判断を上手に教えてもらえる
その製品をどのように使用するかを質門
余計な説明は一切無い
一生懸命説明してくれる

すごい視点です

余計な売り込みをせず、こちらの要望を聞きながら、丁寧に、かつ熱心に上手に教えてくれる

こういう人が販売員だと、ぜっーーーたいに買います。それはこの人なら大丈夫という安心感・信用です

そういう人(営業・仕事に関わらず)になりましょう
Posted by 尾上 正 at 2009年07月16日 22:37
牧野眞一です。お世話になります。

私の場合、こう考えます。『若干の偏りはあっても、右脳と左脳は、両方機能している』

ここに、尾上様が書かれている、自動車販売を例にとりますと・・・

自動車販売の場合、ガソリンの燃費・駐車場に入る車体の大きさ・月々のローンの事等、考えるのが、左脳ですよね。

しかし、買う側の人は、それだけでは買わず、どこに行きたいとか、沢山荷物が入るからレジャー(釣り・ゴルフ・バーベキュー)もバッチリとか、三列シートだから、家族とおじいちゃん・おばあちゃんや、友達とワイワイ行けるとか考えてますよね。

買う側が、両方イメージしないと買わない・・・つまり販売する側は、何らかのメッセージは間違いなく送っている筈です。

これは、その商品が持つ『特徴』と、その商品を購入して活用する『効果効用』に分けて考えると、解りやすいです。

これを、英語の頭文字をとって‘N(ニーズ)&F(フィーチャ)&B(ベネフィット)の展開’と申します。

生意気な事を書きました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月19日 07:32
牧野さん さすがです すごいですね

カタカナ文字は正直わからなかったのですが、お客様は右脳・左脳両輪が満足すると
購入に結びつく、はその通りだと思います

どちらかが強いだけで片方だけではありませんね
右脳・左脳のイメージを逃さない
勉強になりました
Posted by 尾上 正 at 2009年07月19日 21:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。