< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年05月27日

幸せは奪うことではなく、与えることで得られる

長い箸

有名な話なので、皆さんご存知のことだと思いますが、今に必要な考えかなと思い書かせていただきました


信心深いおじいさんが地獄・極楽を夢で見ました

「地獄」の部屋ではおいしそうな鍋を囲み長い箸をもって座っています
ご馳走を前にして目をギラつかせ痩せこけ、われ先と長い箸を使い食べようとするがうまくいかず他の人を押しのけ喧嘩が絶えません

「極楽」では同じ環境ですがお互いにテーブルの向かいの人に長い箸を使って食べさせてあげ、もらったほうはありがとう・美味しかったとお礼を言っています。そして頂いた人に、にこやかに食べさせてあげています


単なる物語ですが、今の時代にも通じる話だと思います

たとえ同じ環境でも自分の考え方・とらえ方で変わってくるのではないのでしょうか

自戒を込めて思うのですが、自分の環境(時代・会社・上司・部下・仕事・・・)を悪く言うことで憂さ晴らしをしたり、愚痴を言って周りのせいにしても、マイナスを軽くすることはできてもプラスには決してなりません

今の環境の悪さ・できない理由を100万回言い続けても、しない・できない自分をごまかすことはできても、何も前に進むきっかけにはなりません

自分の目の前のことに感謝し、返していくことにアンテナが向けば幸せですね

ある大富豪が最期の時に「もっとお金があれば幸せだったのだが・・・」と言ったとか・・欲にはキリがありません。

もちろん、私も人並みに欲もあり、他人の失敗は蜜の味・・も充分に持っている人間と思いますが、周りの足を引っぱったところで、相手を下げることはできても、本当の意味で自分が高まるわけではないですよね

自分自身を充実させ、人にも分け与えていくことに喜びを感じる人であれば、幸せでしょうね



Posted by 尾上 正 at 08:44│Comments(4)
この記事へのコメント
尾上さんが、姫路道場に集まる方々に、ドンドン前に立って話す機会を与えられるのは、いつもこのように考えていらっしゃるからなのですね。

「奪いあえば不足する」「与えあえば余る」ですね。ありがとうございます。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年05月27日 14:17
伊集院さん、ありがとうございます

私の周りにいる方が、背中を少しだけ押してあげることで前に出られ伸びていかれて光っていかれるのを見るのは、とても楽しいことですし、私自身にも大事な刺激になります

人の成長を望み喜べる自分でいたいですね
Posted by 尾上 正 at 2009年05月27日 18:53
牧野眞一です。お世話になります。

今回、コメントがとても遅くなりました。

このお話は、存じ上げませんでした。お教え頂き、ありがとうございます。

奉仕の精神は、必ず回り回って自分の所に戻って来ると思います。

日本営業道連盟の活動や、道場文科会活動(営業コンビニ等)、そして異業種交流会の運営は、まさに、無償奉仕の世界です。

しかし、確実に人へのお役立ち、そして社会貢献に繋がっている事に、間違いありません。

幸せの尺度は、人それぞれですが、私は、家族と、私の周りの関わりのある方が健康で健全で安全で安心出来る暮らしが出来ていれば、それで幸せです。

普通に食べれて、旅行や物をプレゼント出来る少しの余裕があれば、それで幸せです。

今日も、災いがなく、家族の待つ家に帰れる幸せを、噛み締めております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 18:06
牧野さん、ありがとうございます

コメントの中に、牧野さんが普段の行動されているそのままのことが書かれてありますね

自分へのアンテナを不足のほうに向けるのかありがたいという思うようにむけるのか・・
他の人にも同じかな・・とも思います
Posted by 尾上 正 at 2009年05月29日 06:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。