< 2019年05>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2019年05月15日

「勇気」の反対は?

メールマガジンから引用

リスクがないことは、楽なことのように見えますが、実際はリスクがないことは挑戦していないこととも言えます。

リスクに負けない勇気が必要なのです。

「勇気」とは何かを知るには、「勇気」の反対を知っておくと良いでしょう。

著名な精神科医でもあり、『失われし自己をもとめて』の著書でもあるロロ・メイ氏は、「勇気」の反対語を、次のように結論付けました。

人に「同調」するということです。

できている型を破って飛び出すのは勇気が要りますが、人と同じにしていれば楽なものです。

今の世の中、失敗したくない人が増えているように思います。

口コミサイトで検索して、みんなと同じようなものを注文して、はずさないように生きている。

でも、よく考えてみてください。

100人いたとして、そのうちの成功者と言われる人は多くても5%(5人)くらいです。

だとしたら、95%の人たちと同じようなことをしていては、上手くいくはずがありません。

おそらく、臆病だから勇気が出ないのではないと思います。

周りと「同調」しているだけです。

皆がやっているから、皆がそうしてるから、皆がそう言ってるから、周りの意見と同調して、何者でもない平均的な95%になっていくのです。

「勇者」とは、その95%から出る勇気のある人のことを言います。

もちろん、失敗もするでしょう。

飲食店に行って、外すこともあるでしょう。

映画を観て、時間の無駄だったと感じることもあるでしょう。

それでも、自分の意志で選んで歩んでいる人が得られるものは、計り知れません。

最初に勇気をもって未知の世界に飛び込む人のことを「ファーストペンギン」と言います。

もしかしたら、傷だらけになるかもしれないし、命を落とすことがあるかもしれないけど、誰にも知られていない餌場がそこにあるかもしれない。

しかし、誰かが見つけた餌場に2番手3番手と遅れて駆けつけても、最初に見つけた人には敵わない。

先行者優位というものが働くのです。

型を破って飛び出すのは勇気が要ります。

カリフォルニア大学のヘンリー・チェスブロウ教授は、「ほとんどのイノベーションは失敗する。でも、イノベーションしない企業は死ぬ」といいます。

失敗よりも恐いのは、リスクを恐れ挑戦もせずに死んでいくことだ。

織田信長だって、桶狭間の戦いで10倍もの今川軍を相手に死ぬ気で挑んだからこそ、歴史に名をのこしたのです。

何もしなかった人が歴史に名を刻むことはない。

成功するために一番必要な「勇気」を持って、今日も一日頑張りましょう!



イギリス元首相、ウィンストン・チャーチルの名言で
「金を失いのは小さい
名誉を失うのは大きい
しかし、勇気を失うのことはすべてを失う」

ナチスドイツにヨーロッパ中が席巻されていく中で、「決して、決して、決してあきらめない」と、強い意志を貫いていった人の言葉の重みがあります

一般の人にとって、ものすごく強い勇気を発揮することは少ないかもしれません

目の前のことに、ちょっした勇気をもって行動する

その積み重ねが、大きな風を生むと思います 入道雲


  


Posted by 尾上 正 at 08:13Comments(0)