< 2018年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年08月01日

熱中症になると、水が飲めなくなる???

今年は、とっても暑い日が続きますね 

現在までに、5万人以上が熱中症で搬送されています ドキドキ

熱中症は、体の中に熱がたまり、水分が減り、電解質のバランスが崩れておこります

塩分は、減塩活動で悪者になっていますが、心臓を含めた筋肉細胞の収縮にもかかわっていますので、なくては生きていけません

塩分が足りなくなった体では、水だけを補給しようとしても、さらに体の中の塩分を薄めてしまうことになるで、水を受け付けなくなくなってしまいます・・

熱中症で倒れ、水も飲めなくなる・・  考えただけでも怖いですね ガーン

そこで、スポーツドリンクと経口保水液が、コンビニなどでも売られていますが、どう違うのか?

スポーツドリンク

汗をかいて失った塩分と糖分を一緒に取ると、体への水分の吸収を促すため、下痢や発熱で脱水症状になったときに医師がスポーツドリンクを勧めることもある

糖分が多め

多くは体液と同じ浸透圧

運動前や運動中に

経口補水液

脱水時の水分補給を目的に、塩分と糖分の濃度を調整したイオン飲料

薬局やドラッグストアで手に入る

糖分が2%前後と、スポーツドリンク(約5%)より低いのが特徴で、脱水状態ではない人が飲むと、塩っぱく感じることがある

発熱や下痢、嘔吐(おうと)などで脱水になったときの一時的な飲み物として活用するとよい

脱水症状が改善したら飲むのはやめる

塩分と糖分の濃度を調整した飲み物

浸透圧は体液より低め

熱中症の時の脱水対策に

日常の水分補給には

水・麦茶がお勧めです メロメロ  



結論から言えば、運動時などの一般の水分・電解質補給では、スポーツドリンクが適しています
経口補水液は塩辛く感じます “濃すぎる”

熱中症のような時には、スポーツドリンクでは塩分が足りない “薄すぎる”

ポカリスエットなども、スポーツ時にはゴクゴク飲めますが、冷房の効いた部屋でデスクワーク時に飲んでも、あまりおいしくありません

経口補水液も、通常は塩辛く感じますが、熱中症の手前では、普通に飲めます

経口補水液が普通に飲める状態は、かなり脱水が進んでいます

ある意味、バロメーターになるかも・・

体は正直なので、今自分に必要なものを

今日から8月

この夏を元気に、そして素敵な夏に 入道雲
  


Posted by 尾上 正 at 06:57Comments(0)