< 2018年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年05月30日

「言葉が現象化する」の本当の意味は

小林 正観著 運命好転十二条

「言葉が現象化する」と言うと、多くの場合、誤解されている部分があるようです。

「こうなりたい。ああなりたいと口に出して言うと、それが実現する」という誤解です。

たとえば、神社仏閣に行って、良縁祈願というものをお願いしたとします。

「いい人と出会わせてください。いい人と結婚したいのです。素敵な人と出会わせてください」と100回お願いをしたとします。

そうすると、その言葉をまた言いたくなるように現象化します。

つまり、いい人や素敵な人にはなかなか出会わない、という現象が起きるのです。

「言ったとおりの言葉をまた言いたくなるように、言った数と同じ数だけまた言いたくなるように、宇宙では現象化が始まる」というものです。

聖書の中にこんな言葉があります。

「はじめに言葉ありき。言葉は神とともにあり。言葉は神なりき」

「言葉は現象化する」という宇宙の大法則を述べたもののような気がします。

その言葉を言ったら実現する、というものではなく「その言葉をまた言いたくなるように現象がセットされる」というふうに、私の認識の中ではとらえられました。

これは神社仏閣に行ってお願いごとをする(要求する)ということが、ほとんど意味をなしていないということにもつながっています。

では「言葉が現象化する」、つまり「その言った言葉をまた言いたくなるように現象がセットされる」のであれば、最も効率の良い言葉は何でしょう。

「うれしい」「楽しい」「幸せ」、そして「ありがとう」という言葉を言ったとすると、その言葉を同じ数だけ言いたくなるように現象がセットされます



事実は一つ、解釈は無数という言葉があります

自分の目の前にあることは事実でも、それをどうとらえるかは自分の中に

いい人と・・などの「お願い」は、自分のへの環境への不平・不満を天に向って叫んでいることかも・・

人でも、不平・不満をずっと続けている人の願いを叶えたいとは思わないで゛しょうね

「感謝」の言葉を口に出している人へ、またさらに力を貸してあげようとするのでは・・

「言葉が現象化する」の意味が改めて大切だと思いました





  


Posted by 尾上 正 at 07:25Comments(0)