< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2018年01月10日

日本は本当に“もったいない”の国なのか?

現在世界の人口の約70億人のうち約8億人、およそ9人に1人が飢えに苦しみ、その多くが子供たちといわれています

日本は食料の約7割を海外から輸入していますが、そのうらで1年に約1700万トンの食品廃棄物を出し、このうち本来食べられるのに捨てられているものは、推定800万トン ヒ・ミ・ツ

これは世界全体の食品援助量約400万トンのむ約2倍に相当し、日本の米生産量の約850万トンに匹敵する量になっています オドロキ

家庭から出される生ごみの約4割は食べ残しで、その半分は手つかずで捨てられた食品で、さらにその4分の1は、消費期限前のものが含まれていると言われています

かなり以前ですが、日本での食べ残しでアフリカの飢えがすべて解消する量だとか・・

世界中からお金で食べ物を買いまくって、その裏でどんどん捨てている国・・

日本でとれるお米とほぼ同じ量の食べ物が捨てられている国・・

欧米では、ホテルやレストランのバイキングで、子供がとりすぎて残った場合は、親は子供が苦しくて泣いている場合でも、自分がとった分は自分が責任を持って食べさせるそうです

そうやって、自分の行動の責任を、自らがとる自覚と習慣を身につけさせていきます

ほとんどの日本の親は、笑ってみているだけかも

時々ではありますが、仕事中のサラリーマンが昼食事前に、いただきますとの手を合わせている姿を目にします

命をいただいているという心掛けが大切だとも思いますね ごはん
  


Posted by 尾上 正 at 07:00Comments(0)