< 2015年09>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2015年09月30日

“痛み”を感じてでも、人がしてもらいたいことは

チャイルドマインダー チホピーこと 大神 千穂さんお話内容から

人は人から関わられたい  
そのことによって、自分を認識したいと思っています

もちろん、周りからマイナスの関わりよりも、プラスの関わりを求めます

      + > -

Q では、ガミガミ言われるなどの自分へのマイナスの関わりと、
  関わりを持たれないのでは、どちらを求めますか?

A     - > 0   

“無視される・関心をもたれない”ことは、人にとってもっとも辛いこと
それよりも“痛み”を感じててでも、自分に関心をもってもらいたい・・

本当は温かく受け入れてほしいのに、それができないと、問題行動を起こしてでも、自分に目を向けてもらおうともします

  保育園にお母さんが迎えに来て、駆け寄って話をしたくても、ほかのお
  母さんと夢中で話をしていると、あたりを走り回って
  “危ないから走るのをやめなさい フンッ
  と厳しく言われても、そこで、自分のほうに関心を持ってもらおうとする

温かく受け入れることで、問題行動は減っていきます


大人でも問題行動の背景には、自分はここにいる・・
自分を認めてほしい・・という背景もあるんでしょうね

まず、自分の周りの身近な人から温かく接することが大切ですね
  


Posted by 尾上 正 at 09:21Comments(0)