< 2013年02>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2013年02月20日

「声なき声」に耳を傾ける

                                  本内容から

日本利権化学工業社長大山さんのもとに、真夏に障害者学校の先生が汗びっしょりで訪問され、「どうぞ2週間の試し雇用をしてください」

熱意におされた大山さんは、2週間だけならと・・   
やれやれ終わった・・ これで無事事故もなく2人をお返しすることができる

社員さんが、「こんなにガンバっている2人をどうか採用してください  
私たちも力になります、社員全員の総意です、お願いします」



知的障害者の二人の若い女性を雇用することになった大山さんは、当初二人の気持ちがどうしてもわかりませんでした

なぜそのまま福祉施設にいれば楽をすることができるのに、雨の日も風の日も満員電車に乗って通勤してくるのか?

なぜ辛い思いまでして働こうとするのか?

大山さんはある僧侶に出会われます  そして聞きます

「うちの工場には知的障害の二人の少女が働いています
施設にいれば楽ができるのに、なぜ工場で働こうとするのでしょうか?」


僧侶は

人間の幸せは、もはやお金ではありません

人間の究極の幸せは次の四つです

人に愛されること

人に褒められること

人のお役にたつこと

そして、人から必要とされること

障害を持つ人たちが働こうとするのは、本当の幸せを求める人間の証なのです


大山さんは、この時初めて知的障害者の「声なき声」を聞きます

そして懸命に握りしめている「幸せ」を守らなければならないと心に決めます

それから50年  社員の約7割を知的障害者が占めながら、チョーク業界全国トップシェアの会社まで成長します


人の幸せとはなんなのか   人それぞれだとは思います

自分が年老いたり、体が不自由になったりしても

周りの大切な人から愛されることで、それは大きな幸せといえるのだと思います
  


Posted by 尾上 正 at 09:28Comments(0)