< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2012年08月01日

日本人の相手を思いやる気持ち

ドナルド・キーン氏は、震災後に日本人として帰化されています

キーン博士が、京都で留学生として下宿されていた若い時に「月明かりに照らされた石庭を見てみたい」と龍安寺を訪れた時のこと

あまりの美しさに時を忘れ1時間ほど見ていると、ふと「カタッ」という音

見ると、一杯のお茶が置いてあります

住職の奥さんが出してくれたのです


奥さんは、じっと石庭を見つめる外国からの学生の邪魔をせずに、頃合いを見てお茶を出して世間話をする

相手への気遣いの妙は、日本人ならではの間の取り方ですね


別に大げさなことではなく、日常でも・・

仕事中に集中していたら、冷たい麦茶をそっと置く 

少し落ち込んでいる人がいたら、ちょっと声をかける スマイル

喜んでいる人がいたら、一緒に喜ぶ ニコニコ


テクニックでするのではなく、相手の人への気遣い・思いやり


日本人としてアウディーのデザイナーになった方の話で、外から見て
相手の気持ちを慮る気配りは、日本人独特の精神だと

新しくするものは新しく、受け継ぐものは大切に受け継ぎたいと思います  


Posted by 尾上 正 at 09:40Comments(0)