< 2011年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年08月03日

1009回続けて断られた人を、知っていますか

以前に、101回目のプロポーズというドラマがとてもヒットしました
  私は、死にましぇーーん  から、もう20年とは、ビックリです
  20年前・・ あんなことあったな、こんなことあったな・・ それはともかく


本当に有名な話で、ご存知の方がほとんどですが、あらためて・・

ケンタッキー・フライド・チキン創業者のカーネル・サンダースは経営していたレストランが高速道路開通のために経営不振になり、65才オドロキ から評判だったチキンのレシピをフランチャイズにして、売り上げを上げてもらうことを思いつき、行動に移します

来る日も来る日も「素晴らしいチキンのレシピがあります、売り上げを上げていただいて伸びた分の何パーセントを私に下さい」

「分かったよ爺さん、とっとと帰ってくれ、その間抜けな白いスーツは何なんだ?」

   営業ではだれもが似たような経験をしたことはあるのでしょうが・・なき

ただ、カーネル・サンダースのすごいところは、その後2年間おんぼろ車でアメリカ中を駆け回り、車で寝ながら見本のチキンをかじり、1009回も断られ続けます

そして、1010軒目に採用されます

    だれもが気づかなかったことで、私が気づいたことですが・・
    しょーもないかも・・  それは
    1009  “とーく”  を磨いて
    1010  “とうとう”  夢が実現した  

                     やっぱり、はずしたか・・・・も

ディズニーは、ディズニーランドを作るための資金提供を302回断られ続け、各銀行から頭がおかしい人と思われていました


精一杯頑張りました  その精一杯って・・
ほとんどの人のチャレンジは、5回も失敗すれば諦めてしまいます

成功者に共通することは(たぶんですが)、まだ見ぬ根拠のない将来を、“できる”と信じることのできた人たちのことです
  (なでしこジャパンのように)

ごく一部の人と違い、ほとんどの人は自分のことに確信が持てません
  (自分のことだからこそ)
でも、人のことは信じることができます
  (親が自分を信じていてくれる・・ということは、信じることができます)
他力(人の力)を自分の力にしていくことも、大切です


あなたは  “できる” “できます”

あなたは  “できる” 




  


Posted by 尾上 正 at 06:39Comments(2)