< 2011年03>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2011年03月16日

人の命の大切さ

今回の大地震で、たくさんの方がお亡くなりになりました

一瞬のうちにたくさんの命が消えてしまい、残された人にも言葉では表せない悲しみがあると思います


私は豊岡を水浸しにし大きな被害をもたらした台風23号のときに、たまたま現地にいて、車ごと水没しそうになった経験があるくらいで
それほど、災害の経験は多くはありません

ただ阪神大震災のときに、JRが開通して、乗り継いで大阪に行ったときに
 (開通当時は、各駅停車で途中からしばらく歩いて乗換えが必要でした)
長田でボランティアの団体が駅に降り立って、全員ボーゼンとして
立ちすくんでおられる姿を、目にしました

映像としては悲惨な光景を目にしますが、現場からのものは、そんなものではありません

視界に入る木造のたくさんの家の1階が全てぺしゃんこになり、今この目の前で何十人、何百人が押しつぶされて死んだという現実が迫る時、その時に現場にいなかったものも胸が締め付けられます


亡くなった方と、そうならなかった人とは、何がその分かれ道を分けたのかはわかりませんが、生きているものは、これからの責任を背負っていかなければいけないと思います
  


Posted by 尾上 正 at 09:13Comments(8)