< 2010年11>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年11月24日

話すはスキル・聞くは器

人の話を聞くのは器、話すはスキル(技術)
人の器は、聞く姿勢に現れてくる
うーーーん    重みのある言葉です  もちろん受け売りですワーイ


ここからは私の意見で、違っていたら・・・・・・・・・  うーん  すいません

聞き上手は、人間としての魅力です
  相手を理解するには聞くことが大事です
  相手の話をよく聞くには、相手に関心を持って始めてできます
  相手(お客様)の話を真剣に聞く・素直に優しさを持って聞く 
  人は、自分の話をよく聞いてくれる人・共感してくれる人
  (相手の存在を認めることのできる人)に好意を示します
  人は自分の話を聞いてくれる人の話は聞こうとします
  お客様の目を見ることが大事

キャッチボール(会話)×商品(売り込もうとする人からは買う気は起きない) 
商品に詳しいのも大事だがお客さまに詳しく 
  自分ではなく相手を中心に考える
知っていても感動して聞く  話を引き出す 
  集中して聞き、的確に把握する
聞く態度が悪いと喋りたくなくなる 
  準備が大事(心、知識、情報、持参物) 
①目で聞く ②うなずく(会話の促進剤) ③相槌(調子を合わせる)
④表情を豊かに   身振り手振りを加え、キーワードをメモします

その人の苦労について一緒に考えてあげる
  相手が話す = 相手が問題を“放す”につながります
同じ目線で見る、考える、心の痛みを分かってあげる 
  立場や気持ちに共感する



全て“心から”が大事です

どのようなロープレ・テクニック・ノウハウを駆使しても
思いのこもった“心からの言葉”には、かないません

母親は子供が学校であったことを話し始めると、まっすぐに向き合い
上手くいったことを心から喜び、表情豊かに聴いてあげられます

今目の前の人は、大切な人・・・そう思えば、同じように聞けます

本当に、大切な人なのですから



到知出版 メールマガジンから  小雪

  http://chichi.happy.nu/24/winter02/
  


Posted by 尾上 正 at 06:46Comments(4)