< 2010年09>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年09月01日

心配とは、“心を配ること”

本から見た内容ですが

松下 幸之助に、新しい仕事に向かう社員が
「ご心配かけないように一生懸命に努力します」と決意を述べます

幸之助は、「そうか しっかりたのむで」と微笑みながら

「今ぼくが心配せんように言うてくれたけど、“心配”という字は
“心を配る”と書くわなあ。事業の全ては、みな僕の責任や
せっかく言うてくれたけれども、僕は全てのことに気を配っているよ。
心配はさせてもらうが、会社のために努力してくれるか」



一度は会社に袖を振り、その後に詫びを入れてきた社員が
「たいへん、ご迷惑をおかけいたしました」と頭を下げた時

「何を言うか、君たちはこれからも心配をかけるだろう」

この一言で、詫びを入れてきた社員や、固唾を服んで見守っていた人たちは、安堵の胸をなでおろします



立場として、人の上に立つ人は、人のいろいろな欠点をつついたのでは
その人は、伸びていかないですね


親は、いつまでも子供のことを心配します

親の心配を、“心を配る”と考えると同じ様に、時にはうるさいと感じる周りからのいろいろな小言・言葉かけも、心を配ってくれているんだな・・と感じれば、“ありがたいな”ー・・と思うこともできますね

気配り  気を配る
心配り  心を配る
手配   手を配る

全て自分へ取り込むことではなく、周りに配っていく(与えていく)と書きます

あんばい(按配・塩梅)とも書くように、単に与えていくのではなく
少ないと・・・足りない、多すぎると・・・濃すぎる

ちょうど良い、心配りが良い結果を作るのでしょうか

いずれにしても、人に光を与えていく(配っていく)“人”でありましょう







     赤穂御崎  


Posted by 尾上 正 at 09:24Comments(6)