< 2010年07>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年07月21日

イチロー選手が、20才の時に考えていたこと

イチローの恋人といわれ、バッティングピッチャーをつとめた、奥村幸治氏の講演内容から   その①


イチローは、物事を必ずプラスに考えている

何がプラス思考なのか

  早くグランドに行きたい、早くバットを振りたい、ヒットを打ちたい、
  辛い時でも、野球やりたいなー・・という、
  子供のような気持ち・心を、持つように・作るようにしている
  
調子が悪いとき
      ほとんどの選手は、不安になり、普段より多く練習をする

イチロー・・残って練習するか?   いりません

       不安にならないのか?  なります

       でも、調子が悪いからといって練習しすぎて疲れてしまうと
       自分の技術が出せなくなるんです
       いつも心がけているのは、グランドに行きたい
       野球をやりたくてやりたくて、しょうがない
       バットを振りたい、ヒットを打ちたい
       という気持ち・状態で、グランドに立つことなんです

でも、求めていかなければいけない、タイミングもあります

2軍、キャンプ、自主トレでは体が疲れていようと、自分の技術を上げるために、とことんまで練習をしなくてはいけないんです

でも毎日のように試合がある日では、一番大事なのは、充実した体調管理なんです
     驚くべき20才です花火


毎日、バットを振りたい・グランドに行きたい・・・
野球選手なら、当たり前のように思っていると考えがちですが

自分の仕事に当てはめると
 毎日、早く会社に行きたくてしょうがないオドロキ
     早く仕事をしたい
     早く営業・現場に出たい・・

これを1年を通して、毎日心から思えるようになるには、自分へのセルフコントロールがよほどでないと難しい

輝かしい実績の裏には、大変な毎日の積み重ねがありますね
 




          日本三大奇矯 徳島 かずら橋  


Posted by 尾上 正 at 09:24Comments(4)