< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年05月19日

親として、子供として、人として

県立M高校の生徒の作文から    抜粋

父親の職業の鳶職が恥ずかしく悩みでした
汚れた古いボロ車で出かけ、仕事が終わると真っ黒になって帰り
友達がいても、裸同然で『よっ』と言って風呂に飛び込みます

雨の日以外には休みは無く、子供には寂しく思われ、奥さんからは
濡れ落ち葉・粗大ゴミ・・・と嫌味を言われても、上手いこと言うなーと
ゲラゲラ笑っています

ある時、偶然に見た建設中の高層ビルの現場で父の会社の文字が目に入り、上を見て金縛りにあったように、足がすくんで動けなくなった
命綱を体に巻き、懸命に働いている父親の姿を発見したからだ

あの飲み助の親父が、あんなところで仕事をしている
ひとつ間違えば下は地獄だ。女房や子供に濡れ落ち葉や粗大ゴミと馬鹿にされながらも、怒鳴りもせず反発もせずヘラヘラ笑って返すあの親父が・・・

絶句して、言葉どころか体が震えてきた
八階で働いている米粒ほどにしか見えない父親の姿が、仁王さんのような巨象に見えてきた
僕は何という不潔な心で父を見ていたのか。不覚にも涙がボロボロと頬を伝った
体を張って命を懸けて僕らを育ててくれている。何一つ文句らしいことも言わず、たった一杯の焼酎を楽しみに黙々と働く父の偉大さ
どこの誰よりも男らしい父をこの目ではっきりと確認し脳裏に刻んでおこう
そして素晴らしい父を尊敬し、その子供であったことを誇りに思う



  大きな仕事内容でなくても、小さな仕事であっても
  懸命に取り組む姿は、それ自体が美しいです

  親として、一人の人間として誇りに思われるような
  生き方、仕事をしたいですね


                  三田 芝桜公園

周りの人に小さな喜びを与えられる人は、大きな思いやりの心に溢れています




5月27日(木) 
日本営業道場  http://www.eigyo-do.com/ 
姫路営業道場  http://eigyou.tenkomori.tv/
 で、「あいさつ研修」をさせていただきます
    
場 所 姫路 駅南 じばさんビル 費 用:2000円
     18:30~受付 19:00~21:00研修
     
あいさつを、組み立てることで成果が格段に違ってきます

営業の最初のハードル“あいさつ”を高めることで
その後の展開へ、スムーズに進むための実習
仕事でステップアップしたい方は、ぜひ受けてみてください

申込み:随時   初めての方・飛び込みの方、大歓迎です(^.^)
           ホームページを見ての初参加の方も、お待ちしています


 

  


Posted by 尾上 正 at 08:44Comments(4)