< 2010年04>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年04月14日

人とは別れた“後”が大事です

吉田 兼好  徒然草   第三十二段  現代語訳

月の美しい夜に、おもてなしの心をわきまえた素敵な女性を見たことがある
その人は、家から客が出て行ったあと、玄関の戸をすぐには閉めなかった
遠く去っていく後ろ姿を見送りながら、しばらく月を眺めているではないか。
もしすぐに、戸を閉め鍵をかけて中へ入ってしまうような女性だったら、
情趣ない人だなと思ったであろう
客は、自分の後ろ姿を見送ってくれる人がいるとは、知るはずが無い
この女性は、誰かに見せるためにこのような気遣いをしたわけではなく、
日常の心掛けなのだろう


旅館に泊まったときでも、今はどこも車が見えなくなるまで見送りをしていただけます。車のディラーなどでもそうですね
これは見せるための営業が多分に入っているのでしょう
大切なお客様へのおもてなしなのですが、本当はもっと簡単なことなのかも・・・

仕事やプライベートでお宅にお伺いして、話が盛り上がってよい気分
     帰る時に、外に出ると

すぐに中から鍵を次々に閉める音が聞こえる  おまけに電灯が消える・・・ 
     今までの温かった気持ちが・・・

相手の方は決して悪気があるわけではなく、今のご時勢ですので、
戸締りはしっかり   当然のことです

ただ、自分の子供や親が久しぶりに家に来たときは、別に良く思われたいわけではなく、玄関を出て見送りますね 
 本当の笑顔と、別れの寂しさと、感謝と、言葉と
 小さな子供はいつまでも手を振っています

相手のことを本当に大切な人と思えば、誰もがやっていることです


電話で話しをしていて、用件が終わった途端に、ガチャーン・プープー
自分は切ってしまっていますので、自分では気づきません
営業研修でお聞きしたことで、固定電話を切るときには、
 できるだけ相手より後に切るように
 受話器を本体に置くとガチャーンと聞こえるので、人差し指で静かに 
 押す・・とお聞きして、その後実行しています

人は別れ際が粗雑だと、今までの全てが台無しになってしまいます

幸福の女神は、後ろ髪が無いそうですが、
人との出会いは、後ろ髪が引かれるように・・・したいですね





今年は特に素晴らしい桜と、姫路城でした  


Posted by 尾上 正 at 09:38Comments(8)