< 2010年03>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年03月10日

精神の歯車を、おかしくするもの

世界の精神病棟の18%は日本にあります 
日本は精神的障害のある人が世界一多い国です  それはなぜ?
うつ病患者  推定300~450万人 治療を受けている人104万人            
         2008年度 再発率約6割
       
2004年にうつ病学会が設立され、早期発見・早期治療の啓蒙活動が
実施されています
 よく眠れていますか? などの新聞広告なども目にします
 うつ病は1999年 → 2005年 3.7倍と、爆発的に増えています  
 こんなに短期間に増えた病気は他にありません
  
心身の過労が続くと脳内で気分や意識を調節している「セロトニン」「ノルアドレナリン」などの神経伝達物質が一時期に減って、うつ症状が出ると考えられています

うつ病薬 “SSRI”はセロトニンの体への取り込みを阻害し、減ることを防ぎます

“SSRI”は日本に先立ち欧米で87~88年に発売されて、それ以後
英   1987年発売 90~98年 2.5倍  
米   1988年発売 90~98年 3倍   と、うつ病患者が増えました

日本は欧米に10年遅れて99年に発売され、その後うつ病薬の販売量は
5倍に増加しています

 製造している会社 2社 
  米 ファイザー(世界第一位)  英 グラクソスミスクライン(二位)  
  FDAJ(米検査機関)の結論  
    プラセボ(偽薬)と効果が変わらない → 効果がない

“SSRI”は攻撃的になるとの副作用 
 米   銃の乱射事件が相次ぎ当時の米大統領ブッシュは、医者が
      強制的にSSRIを投与することを禁じる署名

 日本  バスジャック、池田小学校、歩行者天国殺傷事件の
      加害者がSSRIを服用
  
学習障害の定義
  初めて発する・あまり使わない言葉に詰まる、落ち着きがない、すぐ物
  をなくす、自分だけの世界がある、大人びている、他の子供にいじめら
  れたことがある  全児童の6.3%

このような少し個性が強い子供(人)に、薬が投与される可能性があります

現在欧米では、反省の元にSSRIが自粛されていますが、先進国では日本のみが野放しで増え続けています
例えは悪いのですが、欧米の非加熱製剤が危険との指摘を無視し、厚労省の怠慢でエイズ患者を増やしてしまったのと同じ・・・といっては大げさでしょうか


ほんとうに、この国をどうするのか・どうなってしまうのか

原因があって、結果があります














  


Posted by 尾上 正 at 07:39Comments(4)