< 2010年01>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年01月27日

またあなたから買いたい! 2

齋藤 泉さん 
 山形新幹線の乗務員として全国に「カリスマ乗務員」として有名
 昨年・前回に続きその③  実際の現場でのアプローチ 1


買おうかどうしようかと迷っているお客様へは、ゆっくりと通り過ぎ、振り返ることで時間差をつけ視線を合わせたときに、買う決断をしていただくことが多い

「ありがとうございました」の時に、こちらの気持ちを一言付け加えることで「この人から買ってよかったな」と感じていただく付加価値につながる
    「いい思い」を持って帰ってもらうための、気の利いた“二言目”

コーヒーは「作り立てでございますよ」、「このメロンパン、生地がモチモチしてとっても美味しいんですよ」などと、一言添えることで関心を持っていただける

お弁当をお渡しする時に、「お土産ですか?」と聞いてみる。
そこでお土産にもいいなーという気づかれる方もあり、潜在的ニーズを引き出せたり豊かなコミュニケーションにもつながる
    お土産にいかがですか・・・では押し付けがましくなってしまう

お弁当をお渡しする時には、美味しく食べられるよう一言説明を加えることで会話が広がり、周囲への波及効果も期待でき、満足にもつながる
    お客さまの「美味しい」は周囲のお客様への何よりの宣伝効果がある
たった一言で和やかな雰囲気が生まれ素敵な旅の思い出にお役に立てる
 (お客様によっては、あえて言葉をかけない・小さな声で話す配慮も必要)

読みやすいお品書きにするために、写真+解説+楽しいイラスト付きの
ものを作ってみたところ、すごい宣伝効果がでた
    お客様がお弁当を箱のふたの裏の解説を読みながら食べている     
    光景が大変に増えた

目の前の売り上げより、お客さまの満足を高め、良い思いが残っていれば次にもつながる



私はテニスをしますが、いくら解説の本を読んでも実際にボールを打ってみなければ、上達はしません (当たり前ですが)

いつもよりよい方法を考え、“実践”し続ける姿勢が、本当に素晴らしい人だと感じます
  


Posted by 尾上 正 at 09:43Comments(5)