< 2010年01>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年01月20日

永遠に輝く命

「にいちゃんのランドセル」を出された米津さんは、7才・5才の子供さんを
阪神淡路大震災で亡くされています

それからは生きる意味をなくされていましたが、1年後の1996年1月17日に、追悼式で話をされた芦屋の小学校で、祈りという文集が目に留まり、
その中の6年生の作文を見て、生きる意味をまた持たれたそうです

  
  題命   命   

命について私は考えたことが無かった
けれど1月17日の大震災

すみれ 縦割りペアの米津君、お兄ちゃんたちの友達の家族やミニバスの先輩、私もよく知っている人たち10数人が死んでしまった
人の死は初めて私のそばにやってきたのだ  命は弱いと思う
人の命は地球と同じなんて絶対ウソだ
およそ5000人の命がたった20秒で次々となくなってしまうなんて信じられなかった
人の命はそんなにもろいものなのだろうか
でもいろいろなニュースを見ているうちに、弱いだけの命ではないのかも、と思うようになった
崩れた建物から助けられた人々、重い重いコンクリートや木材の中を生き抜いた命、すごく強いと思う

では、生きてる私と、死んだすみれは何が違うのだろう
まず私、ご飯食べてて寝たり起きたりしている。学校に行って皆と話したり笑ったり怒ったり泣いたりしている
すみれ、冷たい石の下で姿を変えている   全然動かない
人が死ぬことが少しわかって、全然分からなくなった
私とすみれは、全く正反対になってしまった
今回の震災で生きていることが、すごくいいことだと考え直された
死ぬと何もできなくなってしまうけど、生きている限り夢や可能性は無限だ
たった一度の人生だからみんなみんな、死ぬまでに沢山思い出を残そうとして必死で生きているんだ
死んだって、そこで人がばったり終わってしまうわけじゃないと思う
他の人の心の中で、第二の人生が始まるんだ

生きていること、それは困難の壁にぶつかり、それを乗り越えること
約束された、死ぬまでの時間を輝くものにすること

死んでしまうこと、それは輝く人生を終え、他の人の心の中で永遠に生きていくこと
  


Posted by 尾上 正 at 09:01Comments(6)