< 2010年01>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2010年01月13日

またあなたから買いたい!

齋藤 泉さん 
 山形新幹線の乗務員として全国に「カリスマ乗務員」として有名
 昨年に続きその②

1日のうちの仕事時間、人生のうちの膨大な時間を「ああ、やってよかった」と思える過ごし方をしたい
「もし自分だったら、どうされたら気分がいいか」が根本  自分が原点
最も大事にしていること 
  一瞬の出会いだからこそ、もう二度と会わないかもしれないからこそ  
  心を込める
  ひたむきに向かい合えばこそ、自分の意見を伝えることもできるよう  
  になる
マニュアルを超えた、人としての心地よさの追求  
  サービス業として、厳しい時代になっている 
  他社との差別化ができるチャンス
  生身のその人らしさ・その人の良さを伸ばしていくことが大事

ただ売るだけなら機械と同じ
  「この人から買ってよかったな」「楽しいひと時が過ごせたな」・・・
  と感じていただくために、何ができるのか 
  現場にいる自分たちが、一番お客さまの要望を知っている
  現場だからこそ味わえる喜びがある
  サービスの向上は現場の一人ひとりがどれだけ知恵を出し、満足を  
  提供できる工夫ができるかにかかっている

1人よりも10人のほうが10倍の情報を持っている
  「こうしてください」よりも「どうして?」「どうしたらいい」と聞くほうが、  
  より情報を共有することができる
  まず良いところ(当たり前でもいい)は具体的に褒め、気になるところは
  こうしたらもっと良くなるとアドバイスをすることで効果が出る 
  欠点ではなくよいところを見ようとすると、自分の気持ちもポジティブに

  一番モチベーションが上がるのは、能力を認めて期待していることを
  伝えること
  現場での不満を不満のままではなく問題としてとらえ、解決方法まで
  考えて提案することで了承される確率は高くなる
  たれも動かないならば、まず自分が動く

壁が沢山ある=チャンスが沢山ある 
  突き進んでいくうちに改善できたことが沢山ある
  壁を叩くことを止めないことが大切 


      私も見かけたら、また会いたいね・・と言って下さいね
       (自分で言っててどうする ヘヘッ)  ちっ、ちっ、ちっ


  


Posted by 尾上 正 at 10:28Comments(4)