< 2009年06>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年06月15日

心の障害者

以前読んだ本で、私は布団の中で読みながら涙が止まらなかったものです
営業道場http://www.eigyo-do.com/で紹介した時には、あまり反応が無かったのですが・・・

大久保さんという方の書かれたことで

大久保さんのお父さんは5才のときに事故で片足をなくされました
小学校に上がる前にお父さんと学校に行かれたときに、車の中でお父さんを待っている時に雪に埋もれたブランコに乗りたくなり、吠えていた犬のそばを通ったときに太ももを噛まれ大声を上げました

お父さんは小学校から飛び出し自分のズボンを下ろし義足を外し始めたときに、「恥ずかしい、やめて!!」と叫びました
それまでにお姉さんがそのことでいじめにあっていたこともあり、引け目に感じていました
「痛くない、大丈夫!!」と叫んで、もがいても、お父さんは外した義足からあててある白い布を怪我をした足に巻きつけ大久保さんを肩に担いで雪の中を“けんけん”をして車まで進んでいかれたそうです
小学校の窓を見ると校長先生らしき人が泣いていて、自分も涙が溢れ出しました

その時に涙が溢れ出したのは痛かったわけでなく、恥ずかしかったわけでもなく、体に障害は無くても心に重い障害を持っていたのは自分自身と、気がつかれたからだそうです



私自身、障害の重い人にお会いすると大変だなー・・と思ってしまうのですが、心のどこかに、自分は今のところ大丈夫という気持ちがあるとも思います
体の障害をマイナスとして、こちらからとらえているのは、自分の色眼鏡で見る心の狭さとも思います。自分や家族も今日にも事故などで障害を持つ可能性はあります

健常者=常に健やか(すこやか)  障害者=害に障る(さわる) 言葉だけの意味では差別とも言えるほどの上から見下した言い方です
自分が世界でたったひとりの人間なら、全ての人は世界でたった一人のかけがえの無い人ですね


  


Posted by 尾上 正 at 06:30Comments(4)