< 2009年06>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年06月10日

人体の不思議 目・涙

私は薬の仕事をしていますので、体の構造も勉強していますが、今回は目・涙について (営業とはぜんぜん違うのですが・・・)

目が生まれたのは6億年位前で(見たわけではありませんが)、たぶんえさを捕るために+自分がえさにならないために発達したのだと思います 
(私の仮説ですが)
ちなみに目は、進化の中でも新しいほうで、まだ未完成ともいえ、すぐ疲れたり老化も他の部分よりも早いです

涙の出る量は1年で缶ビール350缶ビール1本くらいです (たったの)
 (私は缶ビール1本8秒で飲み干します・・・どうでもいいことでした)
栄養を運び、老廃物を洗い流します

魚は常に水と接触している為まぶたが必要ないのですが、陸に上がったものは目が乾くのでまぶたを作り、涙を出すことで目に「海」を作りました

蛇は地上にいますが、目の上にうろこを作りふたをしています。脱皮したときにうろこごと脱皮します。ちょうど風の谷のナウシカの映画で出てきたオウムの脱皮した殻のような感じです。イモリはまぶたが無いのですが、長い舌で目を舐めて水分を保ちます 
生き物の仕組みには本当にビックリです

人のまぶたも素晴らしく良くできていて、瞬きしたときの動きは目じりから目頭に向かって波が打つように斜めに閉まっていき(ホントだよ)、涙・ゴミ・不純物を目頭の排出口(涙点)に押し出します

動物の目はほとんど黒めで、全て黒目の鳥は横を見るときには首を横に向けますが、人には白目があり目だけを横に向けることで、横を見ることができます
犬はほとんど黒め(角膜)で猫も、黒目の部分が大半です。良かったら見てみてください




いつも何とも思っていない体は、想像をはるかに超えた仕組みで毎日働いています
お客様や、外に向けての感謝がよく言われますが
ただもくもくと、自分を支えてくれる自分の体にも感謝の気持ちを持っていたいですね
 私はお酒で、何にも言う資格がないのですが・・・


PS

テニスを愛する私のファンクラブ(?)の皆さん コメントくださいね 待ってるよーキョロキョロ
  


Posted by 尾上 正 at 08:31Comments(6)