< 2009年05>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年05月20日

「言葉」の置き薬

私は置き薬の仕事をしていますが、昔は薬がなかったのでこういう仕事が成り立っていた・・・のではありません

その時代時代において、お客様と密接に結びつき支持されてきたから成り立ってきた業態です

いまも現役の 滑川市 安本 ○○様は、毎回訪問前に読書とラジオから情報を収集し、テーマをひとつ準備して、お客様にお話をしておられます

話題は

さんずい編に「千」と書いて「汗」、「十」と書いて「汁」 「十」は「千」の1/100「千」の「汗」をかいて努力するより、「十」の「汗」を吸ってお金を稼ぐほうが楽だが、そこに人生の落とし穴がある 
「汗」は褒め言葉として使われ、「汗」は甘い汁などの悪い言葉として使われる。あぶく銭は身にはつかない 自ら額に汗してこそのお金
「汗」は出すもの、「汗」は吸うもの

1人に2人の親がいる その両親にも2人の親がいる
26代までさかのぼると、6710万8864人のご先祖の人がいる
1人が欠けても、今の自分は存在しない

100才は、31億5360万秒
82才50日目で人生3万日を生き抜いた、人生の達人
84才の誕生日は干支と、生まれた月日と、生まれた曜日がはじめてそろう 
84年に1回しかそろわない
パチンコで言うと777のフィバー状態のようなもの
生まれた曜日が知りたいときは84才まで元気で頭をしっかりしていてくださいね・・と声かけを  

全てを善と捕らえて話すことが大事
松永 伍一(1930年、昭和5年生まれ) エッセイスト
松永さんのお母さんは、松永さんの奥さんが生きている間は一度も「ありがとう」という言葉を言わなかった お母さんがお亡くなりになり奥さんが仏壇を掃除していると奥に一枚の紙があり「○○さん、ありがとう」と感謝の言葉を書かれてあった それまできつくされていたが心の中では「ありがとう」と思われていたのだと分かり、それまでのいさかいや、わだかまりも全てうれし涙で流れてしまった
お客様のご主人が「ありがとう」と言わなくても、そんなご主人でいいんですよ・・
言い出したら頭が言わせているのではなく、身体のどこかが弱ってきて言わせているのだから、言わない間がいいんですよ・・・
「ありがとう」と言わなくても、それもいいんですよ・・と良く解釈してもらうように話す
「ありがとう」という家では、本当によいご主人ですねと褒めてあげる
悪く解釈させる話はしない 「言って善し、言わんで善し」

昔は愛の字の心は必と書いた 必ず添い遂げるのが愛の形だった 心になり女心は・・で離婚が増えた 
歩くは“止まるを少なくする”と書く 遅くてもいいから止まることを少なくすることが歩くことの本質 将棋のように前に進むことで、と金になれ王様にも勝てる



こういった話をされ
「ありがとうのひと言が、世の中を丸くする」と風船に書いて置いてこられます

もちろん薬の入れ替えをしっかりなされ、世間話もされ、お客様への体調へのアドバイスもキッチリされています
ご想像通り、お客さまからいつも待たれています

次はいつ来るの?と待たれる営業になりたいですね
今は何でも手に入る時代なので、プラスアルファーが本当に大事です
安本 ○○様は、お客様に健康と元気をお届けしているからこそお客様が「信者」になっておられるのです

どうでしょうか、これから訪問するお客様に喜ばれる「   」を準備されていますか お客さまから、また来てほしいと思っていただけるために




  


Posted by 尾上 正 at 10:48Comments(6)