< 2009年05>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年05月13日

「ありがとう」は魔法の言葉

バスに乗った親子が降りるときに、4才くらいの女の子が運転手に「ありがとうございました」と元気に話すと、お母さんがお金を払っているのだから言わなくていいのよ・・と子供をたしなめた、ということがあったと以前に聞いたことがあります

「有り難い、の反対は当り前」ということを聞いたこともありますが、お金を払っているのだから頂くほうがありがとうございましたというのは当然だが、出すほうは言う必要などは無い・・と考えられたのでしょう
人と人のつながりが薄くなりつつある今の社会の鏡です

ありがとうは日本語の中でも最も美しく素晴らしい言葉の一つですね
有り難し なかなか無い・めったに無いこと
今生きているのは2億個以上ある精子から一番乗りを果たし生まれてきた、ただそれだけで超エリート・超ハッピー・超ありがたい存在です

憎しみ・恨み・愚痴はそれにとらわれ、自分を悪いほうに転がしていくだけ
会社や周りに意地悪な行為をされたときは「ありがとう」と爽やかに言ってみると、相手はキョトンとするはず 次第に魔法の力が転がっていきます

良いことがあったら、してもらったら大きな声でありがとう
そうでなかったら、小さな声でありがとう

「ありがとう」は、自分と周りを幸せにする言葉です



松下幸之助さんの言葉で「幾多の失敗と幾多の困難を乗り越えて人間は成長していく」という言葉がありますが、私のような失敗だらけの人間には、ほっとする言葉です

うまくいかなかったときは、なかなかそう思えませんが失敗したからこそ、見えることもあると思いませんか


  


Posted by 尾上 正 at 08:41Comments(6)