< 2009年02>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2009年02月11日

好まれる販売員

このブログにアクセスいただいて、本当にありがとうございます

毎水曜日に、新しく載せていく予定です



お店の中にも入りやすい店、何となく入りにくい店とあります

「うまい」営業と「うざい」営業を考えてみます 言葉が悪くてスイマセン



服を買いに行ったときに百貨店や郊外のお店に入ったときなどが特にそうですが、

最初に「自由に見させてくれそう」なところが入りやすいですね 

門番のようにじっと立っておられると入りにくくなります 敷居は低いほうがいいですね



こちらはまず「見たい」のです この時に接近してアプローチしてこられると迷惑です 

○○をお探しですかー・・などと言われると、それを売りたいわけーと感じます



まずこちらにいろいろ自由に見させて(上手な店員はこちらを感じながらも、

離れて商品整理などをしている お客側からは気がつかないように、意識してそういった雰囲気を作り出しています)、

これはどうなのかなー?と思ったタイミング(店員のほうを見たり周りを見回したりする)を逃さず

笑顔で話しかけてこられます 



その後はクズクズせず、キチンと説明をされ「私がほしいもの」のアドバイスをされます。


自分が選んだものなので当然満足します

分かってはいますが、自分が売る立場になると、ついつい押し付けがちになってしまいますね

あくまでお客様が主役を忘れないようにしたいものです

  


Posted by 尾上 正 at 05:49Comments(8)